詩とか小説とか好きなときに書き散らしているブログ。創作とか二次創作(現在はREBORN中心で)してます。はじめましてな方はaboutを読んでくださると幸いです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
ツナ死亡ツナクローン話。骸ツナベース。
骸ツナ・・・?ベースなツナクローン話。シリアス。
ツナが死んで、ツナのクローンが変わりにドン・ボンゴレになるっていう。それを頭に入れてくだされば、読めると思います。

なんか・・・骸の弟?異父兄弟?なんかがでてます。ので、お気をつけ下さい。
ちなみに骸とは見目麗しい、ってところしか似てないです。 笑
綱吉と仲いいけど恋愛感情とかはまったくないです。ないです。(二度ゆった)
骸にいさまのこと大好き。でも綱吉も大好き。っていうか皆大好き。な、いい子です。

OK、大丈夫。というかたのみ続きへどうぞ。

続きを読む >>
| WJ | 17:02 | comments(9) | - |
すきよすきよだいきらいよ誰よりもダーリン!
だいきらい。
大嫌い。

病院の一室の小部屋のベッドにゆるく腰掛ける彼を見ながらわたしは自分に暗示をかける。

彼はにこりとこちらを向き、手をのばしてきた。
ああ、なんと忌々しい超直感。
わたしはあなたが考えていることなど、わかりはしないのに、あなたにはわかってしまうの。
ずるいずるいずるい。
手が頬に触れた。そこではじめて、わたしの頬に生暖かい水の粒があるのだと、溢れてきてるのだと知った。

いとしいからこそきらわなければいけないわたしの身にもなってダーリン。




(じぶんに暗示をかけないとあなたを止めてしまうからわたしはじぶんに暗示をかけるのよすべてあなたのためわかってダーリン)




----------------
復活のツナ←ハル
ハルはやっぱりツナのことが心配で心配で毎回戦場にいくツナが心配で心配で、でも止めることなんて絶対できない、しちゃいけないから、でもツナのこと大好きで愛していているからどうしようもなくて。
嫌うしかできない。
そんな、感じの詩?みたいな。
あと数年後には、支えられるように、嫌わないでも笑って帰る場所を守って送り出せるような子になってればいいなあ、なんて。思うんですが・・。

| WJ | 14:54 | comments(0) | - |
さよならタイム。

壊れた時計がひとつ。
音など出ない。

ちくたくちくたく。

音など出ない。
動くことなどない。

ちくたくちくたく。

動くことなどない。
刻んできた時間はもう戻らない。

ちくたくちくたく。

刻んできた時間はもう戻らない。
壊れた時計はひとつ。

ちくたくちくたく。

ちくた・・・。


さよならタイム。

| text | 00:07 | comments(0) | - |
だだだリズム。
部屋をごそごそしていたら出てきた小説です。
未完。完結させようとかは考えてません。

創作っぽいですが二次創作です。
某小説本、「少女七竈と七人の可愛そうな大人」から。
わからない方も多いと思いますので、Amazon様のレビューで見つけたわかりやすいあらすじを使わせていただきたいと思います。

_____________________________
「七竃がそんな顔に生まれてしまったのは君の母がいんらんだからだ。」美しき少年雪風は、同じく美しき少女七竃にそうつぶやく。これは切ないほどの祈りを込めた言葉。
 雪が降ればすべてが真っ白に染まってしまう小さな町。その町の中にある小さな家の薄暗い居間にある世界。自分たちを乗せて走る鉄道模型。年を経るごとにだんだん拡張されていく線路だけれど、それは閉じていてどこにも飛び出せない。ただぐるぐると回るだけ。しかし、時は無常にも流れ、春が来れば覆い隠されていたものは再び姿を現す。そしてそれは小さな世界を絶望的なまでに破壊しつくしてしまう。
 うつくしきかんばせを覆い尽くす黒く長い髪は、自分を襲う呪いへの抵抗。それを切り落とし、鏡にうつし出された血の呪いから、少女は解き放たれる日はくるのだろうか。新しい土地で小さな白い花が咲く日が。
        amazon様のレビューより
_____________________________
うつくしい。
うつくしい、世界。
うつくしい、少女。
うつくしい、生きかた。
鉄道模型に閉ざされた、異母兄弟少年・雪風と、いんらんな母の娘、少女・七竃の、うつくしい言葉でつむがれる世界。

昭和の頃に、実らない恋に対する無自覚の煩悶から、堅物箱入り娘のままの小学校教諭でありながら、7人の男と関係を持つことで、自分を変化させてみたいと願った川村優奈。
誰かの子供を身ごもり、私生児を出産。その娘、七竃は、とてもうつくしいかんばせをしていた。
母・優奈、娘・七竃、かつて優奈と関係を持った男たち、公務員を退職した祖父、引退した警察犬、優奈の友であり風雪の母、優奈が欲しても手に入らなかった男・田中。
狭い共同体、狭い人間関係の中で、それぞれのまなざしから切り取られる平凡なはずの世界は、わずかに、少しずつ、でも確実に変容していく。
        同じくamazon様のレビューより
______________________________

読まれて大体理解された方はどうぞ続きへ
(大体でよいのです。完璧に理解しなければならないお話ではありません。理屈なんて関係のない不確かな世界観な文庫なのですから。)

続きを読む >>
| other | 00:02 | comments(0) | - |
あけましたおめでとうございます。
ものっすっごい遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。っていうかあけましたおめでとうございますですね(苦笑)
昨年はお世話になりました。
今年も何卒宜しくお願いいたします。

| memo | 15:24 | comments(0) | - |

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS



MOBILE
qrcode
other
駄目だし、感想なんでもどうぞ。
SEARCH THIS SITE
OTHER