詩とか小説とか好きなときに書き散らしているブログ。創作とか二次創作(現在はREBORN中心で)してます。はじめましてな方はaboutを読んでくださると幸いです。
<< すきよすきよだいきらいよ誰よりもダーリン! | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
ツナ死亡ツナクローン話。骸ツナベース。
骸ツナ・・・?ベースなツナクローン話。シリアス。
ツナが死んで、ツナのクローンが変わりにドン・ボンゴレになるっていう。それを頭に入れてくだされば、読めると思います。

なんか・・・骸の弟?異父兄弟?なんかがでてます。ので、お気をつけ下さい。
ちなみに骸とは見目麗しい、ってところしか似てないです。 笑
綱吉と仲いいけど恋愛感情とかはまったくないです。ないです。(二度ゆった)
骸にいさまのこと大好き。でも綱吉も大好き。っていうか皆大好き。な、いい子です。

OK、大丈夫。というかたのみ続きへどうぞ。



「だめ!だめ!そんなこと言わないで!そんなこと聞かせないで!やめてあげて!兄様!!」

私は必死に兄様のスーツのすそをつかんで兄様の目の前にいる青年(もう成人しているのだがそんな気配はかけらもない童顔)に浴びせている罵声を止めさせようとする。
青年は目を見開いて絶望に浸っているようだった。

「お前があの人の代わりなどになれる筈がない!!なんという茶番!よくこんな喜劇を思いついたものだああ憎たらしいあの人が愛したボンゴレ!そんな仮初の記憶で、姿で彼になれる筈がなかろうがっ!憎たらしい!憎らしい!」

ひっきりなしに飛び出してくる罵声。聞いてるこちらが耳を塞いで泣き叫びたくなってくる。よく青年は我慢しているものだと、必死に止める横で視線を向けると、下唇を噛んで必死にこらえているようだった。
兄様だって気づいてるはずなのに、一番苦しいのは、悲しいのは代用品とされた彼であり、それを否定される彼だということを。

けれど止まらない。止まれないのだ。それほどまでに兄様は彼に、彼のオリジナルに依存していた。愛していた。いつくしんでいた。唯一だった。

知っている、知っている。兄様だけじゃない。兄様以外の彼を取り巻く人たち、守護者達、10年来の友達、血も繋がらないファミリー。皆が彼を愛していた慈しんでいた。敬愛して、心酔して、崇拝して、尊敬して。
それだけの大きな存在だった。ファミリーを愛し、そのファミリーを、それがどんな下っ端であっても、それを傷つけるものには一切の遠慮もなく制裁を与える。
温厚で、みなを包むような包容力は、まさに大空と例えるのに相応しいものであったが、誰よりも残酷に命令を下すその姿。彼のそのカリスマ性に誰もが魅了された。
彼のために死ぬならば本望だと、誰もがそう思って彼のしたで働いていた。すべては、われらがドン・ボンゴレ十代目、沢田綱吉の為に。

そんな彼が、死んだとの朗報を聞かされたときの喪失感といったら、ない。

だから、攻め立てる気持ちも少なからずわかるのだ。わかってしまうのだ。
彼がいた場所に彼と同じ姿、彼と同じ声、彼と同じ笑顔をする「彼のクローン」がいる。
何故お前が、まがい物が彼の場所にいるのだ、彼と同じものを好み、彼と同じようなしぐさをする。そんなことがあってたまるものか!

勿論彼のクローンが今ボンゴレ10代目の席に、ボンゴレ十代目沢田綱吉となっているのはボンゴレの中の一部の幹部、そしてキャッバローネのドン、沢田綱吉の兄貴分であったディーノとアルコバレーノくらいしか知らないであろう極秘中の極秘事項である。
まさか天下のボンゴレの十代目がクローンなどと。知れたらボンゴレの一環の終わりである。

そんなもろもろの事情と思いで、きっと兄様の心はぐちゃぐちゃにかき乱されているのだ。
けれど、その思いはわかっていても、彼に対する罵声は純粋に止めさせなければと思う。
きっと、「彼」がそれを望まない。自分の代わりを必死にやって、周りに攻め立てられるクローン。きっと「彼」がここにいたら泣いて謝る。
ごめんね、つらいことさせちゃってる。ごめんね。
それを私は誰よりもよくわかっているから、やめさせなきゃと思う。
それに、早くやめさせなきゃきっと壊れてしまう。壊れてしまうんだ。

「消えてしまえ!貴様など!彼の記憶を、彼と共有した記憶を中途半端に持って!ふざけるんじゃない!!」

「にいさまっ!」

これ以上は本当に、と思ったら、いきなりこの場の空気がぐにゃりとゆがんだ。これは兄様がやったんじゃない。
バッとすかさず彼を見る。顔に陰りが見えた。
危ないかもしれない。
ゆるりと彼が口を開いた。

「・・・て、」

「こっちだって好きで起こされたんじゃない!代わりになったんじゃない!俺の存在理由がそれしかなかった!それだけだ!!そんなこというんだったら起こさなければ良かったのに!中途半端に試してみようなんて考えなきゃ良かったのに!ふざけるなふざけるなふざけるな!作ったのはお前達だろう!!」

その声は最早叫び声に等しくて、必死に叫んでいるからなのか声がつぶれていたりした。
ものすごく、悲惨な叫び声だった。とっさに涙がでてきて、ごめんなさいと泣きじゃくりながら叫びたい気分だった。

彼は叫び終わった後息が荒いままからだを翻した。もう何もかもがわからずがむしゃらに走っていった。
私はこのままにいかせたら駄目だと、何をしでかすかわからないと思い、兄様に追いかけるよう言った。

「なんで僕が!いくら可愛い弟の頼みといっても絶対いやです!このままいなくなってしまえばいい!」

私はいつのまにか兄様を平手打ちで殴っていた。
パンッッとすがすがしいまでのいい音がその場に響いた。
兄様は何が起こったのか把握しきれていないようで、目をぱちくりさせている。ぱちくりさせてる場合なんかじゃねーだろうか!と私は悪態をついた。

「ふざけるな!!わかってるくせに!わかってるくせになんであんなこと言うの!!いや、いい!わかってる!言っちゃう理由だってわかってる!でも、でもどうしようもないじゃない!かわいそう!かわいそうだあの子が!あの子は何にも悪くない!必死に代理を務めようと頑張ってくれている!認めてあげて!見てあげて!あの子は沢田綱吉!兄様が愛した綱吉じゃないけど、それでもあの子は「沢田綱吉」なの!!」

もう頭の中がぐちゃぐちゃだった。泣き叫びながらがむしゃらに兄様の胸を叩く。もう自分が何言ってるのかもわからなくって、でも本能的にでている言葉だと思うから、これは何よりも考えて作る言葉よりも私の思いがでている言葉だと思うから、とにかく声をだしていた。
兄様は動揺していた。そりゃそうだ。今までどんなことも兄様の見方だったんだから。これは私の初めての本気の反抗。本気の怒り。
オブラートになんか包んでやるものか。

「ほらっ!」

びっ!と綱吉が走っていった方向を指差した。

「追いかけて!」

兄様はためらった。何か言おうとしている。その前に「ごちゃごちゃ言うんじゃない!」と一喝してやった。

「さっさと行く!追いかけているうちに頭冷やして自分が何を、どんなことを言ったのか考えろっ!!」

体をビクッと揺らしてからハッとしたように目を見開き、それから全力で綱吉の跡を追いかけた。
その後ろ姿をみて、ほっ、と息をついたら私はドタっとしりもちをついてしまった。緊張の糸がきれたのだろうか。
涙はまだ流れていて、もう本当にあふれ出る、という表現がピッタリな感じだった。ぬぐっても無駄だろうと思い、そのままにした。
それから何度か深呼吸をし、やっと心臓の動機が正常になってきた。
ゆっくりと、空を見上げた。

「これでいいんだよね・・・。綱吉・・・・。」

消えるような私の涙声は、風に呑まれて誰の耳にも届かなかった。でもきっと、彼には届いてる。
それでいい、それでいい。

「さ、て」

手を伸ばしてんーっ、と引っ張ったら関節がポキポキ鳴った。こってたのか。起き上がって、お尻についた砂をパタパタはらう。方向を変え、ボンゴレの屋敷の方へと足を進めた。

まだ受け入れるには時間がかかる。けど、けど、いつか、一緒に食卓を交えて笑える日がくるといいななんて、そう思うんだよ。
夢、見たっていいよね?

綱吉。




----------------
やっちゃった感。が、すごいします。
プロットも何もなしであるサイトさま見てもう本当に衝動のままに書き上げた小説。
お目汚し失礼しました・・・!
いや、骸はあれくらい綱吉に依存していてもいいと思うんだあ・・・。
| WJ | 17:02 | comments(9) | - |
スポンサーサイト

| - | 17:02 | - | - |
COMMENT

相手の女がテクニシャンすぎて即イキしちゃったわwwww
でも一回は一回だからな! キッチリ諭吉いただきましたwww
てか女も「かわいい」って笑ってたし、別に俺は悪くないよなー?


| ピュワァーっっっっちゅwwww | 2009/05/11 9:20 AM |


ちょw ここに元カノがいるんだけど(´vωv`;)
一発セクったら3万出すとか何だよぉお!!!!!!
こんな金持ってんだったら別れなきゃ良かった・・・(´Д`)


| やっちまったなぁ! | 2010/01/17 10:15 PM |

相互オナって約束だったけど、いざとなるとやっぱガマン出来ねw


まー相手もチ○ポ欲しがってたし結局セクったんだけど、
つーいウッカリ中 出 ししちゃったo(〃^▽^〃)o


| みんなホントにオナ鑑だけなの? | 2010/01/28 3:42 PM |

「とりあえず生中でぇー♪」って言われて、何の事か聞いてみたら
生でナカダシしてって事だって(*´ー`)ノ 略語ムズィな。。


ちょっとしつけが必要だと思ったから3回ナカダシしといたぞ(。`・ω・)!!!


| 20歳の娘ゴチでした。。 | 2010/02/04 9:05 PM |

セ ッ ク ルしただけで5万もらった!!ヽ(・∀・)ノ

しかもマ ヌ コ広げて挑発してくる工口娘だったし!!!!

こんなの体験したら、風 俗行くのがバカらしくなるな(笑)

http://9ylq23k.cool.navitime.me/


| がんちゃん | 2010/06/30 6:57 PM |

うほぉぉぉぉぉぉ!!なんじゃコリャァァァァ!!!!!

工口いお姉さんにめちゃめちゃイかされてぇぇぇぇっ!!!

10万もらったぁぁぁぁぁぁぁ━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!!!

http://fg-qj7w.tida.psyrents.net/


| タランティーノ | 2010/07/12 6:25 PM |

こんにちは、こんばんは、紳士28号と申します。

実は私、夢の様な体験をして参りました。
これは是非とも色んな方にお勧めしなければと思いまして紹介させて頂きます。
少しだけ××するだけで…お金も女も、手に入るのです。
http://5kpb15i.www.feisbook.mobi/5kpb15i/


| 紳士28号 | 2011/06/06 1:03 AM |

紳助引退の真相はこちら
http://5ux7x4x.ato.zetto.info/5ux7x4x/


| AtoZ | 2011/08/27 12:09 PM |

さみしいとき
あるよね
http://ekw7gyp.t.monju.me/ekw7gyp/


| みっくみく | 2011/08/29 5:15 PM |
COMMENT FORM










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS



MOBILE
qrcode
other
駄目だし、感想なんでもどうぞ。
SEARCH THIS SITE
OTHER
  • 管理ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Design by neko